愛するキアンティ・クラッシコ

イタリアのトスカーナ、フィレンツェとシエナの間に広がる美しい丘陵地帯で造られる香り高く、酸がしっかりとしていて、ミネラルのトーンがあり、非常に優美なワイン、それはキアンティ・クラッシコです。私を今の仕事に導いてくれたのもこのキアンティ・クラッシコで

初めてのミラノ、レストランで同席したが頼んだワインがキアンティ・クラッシコでした。当時は初めてワインはこんな美味しい飲み物のか思いました。後日にそのに改めてワインの事を聞きました。キアンティ・クラッシコですよ、イタリアのレストランでそれを注文すれば間違いはないですよと教えてくれました。

作り手も銘柄も、情報は一切残っていません。なにせそれまでほぼビールしか飲まない私でした。しかしキアンティ・クラッシコの響きは最強でした。もうあの時のキアンティ・クラッシコを探しても無理と思う、でも私は一生キアンティ・クラッシコを愛するでしょう。